2006年02月09日

 

ADSLと保安器と切断の話

ADSLで電話の着信があると切断するという人へ。


切断する理由としてよく言われているのが、「保安器」の存在です。
保安器は、雷などのノイズから電話機を守るためについています。
この保安器に、回線テストのための回路が組み込んであるものがあります。
この回路、ふる〜〜〜いのにはついていません。また、最新のものにもついていないそうです。
で、保安器にこの回路がついていると、着信があったときに保安器が誤作動して(?)ADSLのリンクが切れるらしいのです…

NTTに保安器交換を依頼することもできますが、7000円かかります。
高いよ高いよ

でもNTT、最近新しいサービスをはじめたそうな。

フレッツADSLの人なら、「安定化設定」というのを無料でやってもらえます。(NTT東の場合。西はワカンネ)
局内の設定っていってたかな…
http://flets.com/adsl/of_caution.html
ここの一番下の「ADSL通信中に電話の着信により通信速度の低下、または通信ができなくなる場合について」の※印のところに少し書いてあります。
んと、モアの人と8Mの人だけか。1.2Mとかはだめぽい。

で、コレ、ノイズマージンを増やして、多少のノイズには反応しなくなるようにするっていうモノなんだそうです。
よって。
速度が3〜7割落ちます。ゲフゲフ
YahooのリーチDSLと似たようなモノなんだそうで。
あと、安定化設定をしても、必ずしも切断がなくなるってわけではないそうです。
「改善しなかった!」「速度おせえええ」とか、気に入らなかったら元に戻してもらうのも可能だそうです。

試してみたい人は、
  1. 113に0120-242751に電話かける(一応休日と夜もやってるぉ。)
    113は電話の故障だった( ・ω・`)
  2. ADSLの安定化設定をしたいと伝える(相手が「ワカンナイ」って言ったら、上の人に聞けと言いませう。ただし夜だと上の人は帰っちゃってていません。ゲフ)
  3. フレッツADSL契約をしている番号を伝えて、保安器に試験回路がついているかどうか調べてもらう(10〜30分ぐらいかかる気がする)
  4. 試験回路つきの保安器だったら、安定化設定を申し込む(設定してもらうまでに1日ぐらいかかるかも?)
そんなかんじで。
posted by 未悠 | Comment(0) | TrackBack(0) | 攻略メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。